カート 0
アンフォルメル以後 日本の美術はどう動いたか
アンフォルメル以後 日本の美術はどう動いたか

アンフォルメル以後 日本の美術はどう動いたか

通常価格 ¥0 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

1964年 美術出版社 ソフトカバー カバー付き 112p

本の状態 やけ強い ページ折れ跡

加納光於 磯辺行久 オノサト・トシノブ 前田常作 向井修二 ハイレッド・センター 荒川修作 工藤哲巳

評論 

変貌の推移・モンタージュ風に 宮川淳 

アパシー評論の確立をめざして 瀬木慎一

討議

混沌から多様な個別化へ 中原佑介 東野芳明 針生一郎