カート 0

本のタイトル『縄文的なるもの 白井晟一の建築と人』 水原徳言

2022年1月、白井晟一が設計を手がけた渋谷区立松濤美術館で、40年間使われていない茶室が公開された。「Back to 1981 建物公開」と題された展覧会では、建築模型や図面はほとんど見られない。空になった展示室に足を踏み入れ、松濤美術館という建築そのものをまじまじと見る機会が提供されている。メインである茶室は入室こそ不可であったが、覗き込むように見るその形式によって、空間は神聖さを保っているように感じられた。未だ真新しい印象を受けるのは、折を見て張り替えられたという畳の効果だろうか。それだけではない。茶室は使われなかったのではなく、使いこなすことができなかったのだろう。安易に立ち入ってはならないと思う程に、威厳に満ちているのだ。白井は茶を嗜む人ではなかったが、哲学を学んだ経験とその思想から、精神を集中・解放させる場の必要性を重んじていたと推測する。不思議なことに、この茶室が設計時の構想通りに使用されることよりも、使用されないまま40年の時が経ったという事実が、松濤美術館という建築全体の価値を高めているように思えた。今後も人目に触れず存在し続けるのだろう。

2022/02/03 執筆者 久芳真純


投稿順