カート 0

本のタイトル「出会いを求めて 新しい芸術のはじまりに」李禹煥

本の紹介




余白についてのエピソードがひとつある。
李禹煥が自身の作品写真について、
撮影された写真のトリミングに「余白を持たせてほしい」と言ったそうだ。



私はこの本の、文字を囲む余白が気に入っている。
ページ中央に配置された文字を囲むのは空間だ。
この本は余白を持っている。
見開きにするとより、そう思う。





2020/11/04  執筆者 久芳真純


投稿順